FC2ブログ

記事一覧

第56話 幕末が舞台のユニークな作品、疾風龍馬伝

維新の嵐 疾風龍馬伝タイトル画面

今日はニンテンドーDSのゲーム
「維新の嵐 疾風龍馬伝」について語ってみようと思います。
「三國志」「信長の野望」シリーズで有名な
コーエーテクモゲームスさんの作品ですね。
幕末について詳しくなれそうなゲームです。


坂本龍馬

なかなかイケメソな龍馬さん。
当時放送中の大河ドラマ「龍馬伝」の影響もあったのでしょう。
期限内に「目標」を達成しながらお話を進めていきます。
全国の「藩」の思想を統一して幕末の混乱を収めるのが最終目的。
史実通り「尊王」派を目指すもよし、「佐幕」派として幕府を支えるのもよし。
選択次第では龍馬が新選組に入隊するのもこの作品の面白いところです。


上士登場

当時の武士にも身分の高低があったみたいです。
序盤から思わず斬りつけたくなる人物、登場
(実際、彼を斬る結末もあるようですが)


坂本乙女、春猪

左が龍馬の強いお姉さん、坂本乙女。
作中では彼女と手紙のやり取りをするシーンがあります。
そして右が姪の春猪(はるい)さん。かわいいですね。


移動画面

各地を駆けめぐり、重臣などの主要人物を口説いていきます。
初めから自由に行動するわけにはいきません。
後半ではあの「海援隊」も結成できます。


battle.png

説得シーンはこんな感じ。
「熱く」「語る」「聞く」などの札を互いに出し、じゃんけんのルールで勝負します。
相手の趣味を話題にすることができれば有利に交渉できることも。


同行者・桂小五郎

親しくなった相手は「同行者」としてお供にできます。
おすすめはこの桂小五郎(どんな場面でも役に立つので)
大隈重信や福沢諭吉、グラバーなど、個性的な人物も連れていけますよ!


剣術試合

花札や剣術試合(一応アクションゲーム)で友好を深める相手もいます。
街頭では暗殺者との戦闘に巻き込まれることも。
後者に負けてしまった場合は本当に負傷してしまいます。


散りゆく志士たち

「目標」を達成できないと、敵味方の多くの志士たちを失うことも。
ミスばかりしていると龍馬本人や日本の将来にも影響してしまいます。
なるべくなら良いエンディングを迎えたいものですね


お龍(おりょう)

史実で龍馬と結ばれた女性はお龍(おりょう)。
幼なじみや剣術道場の娘さんなども気になるところです。


松下村塾

おまけとして、龍馬ゆかりの地を知ることのできるコンテンツがあります。
こちらもぜひ見てみてください。




最後に
これもややマイナーですが、個人的にはお気に入りのゲームです。
三國志などとは違いアドベンチャー色の強い作品でした。
シンプルなゲーム構成なので歴史を知りたい人にも最適でしょう。
独特の画風が気にならないならおすすめします。
龍馬怒る



スポンサーサイト



コメント

No title

 おはようございます。
 いつもお相手していただき本当にありがとうございます。

 はじめて見たゲームに胸がわくわくします。
 戦国時代に比べると幕末は知名度の割りにゲームが少ないような気がします。
 竜馬さんを史実どおりだけでなくて、まったく違った選択をしてみることもできるのは面白そうですし、施設へのアクセスまで書かれているのが親切でいい作品だと思います。

 今日はお休みなので、少しゲームをプレイするかもしれません。
 お互い無理しないで楽しめればと思います。

 今日も一日、どうかよろしくお願いしますね。
 遅くても夕方には浮上すると思います。
 

Re: No title

>  おはようございます。
>  いつもお相手していただき本当にありがとうございます。

こちらこそ。
いつものコメントやリプライ等、感謝の限りです。

>  はじめて見たゲームに胸がわくわくします。
>  戦国時代に比べると幕末は知名度の割りにゲームが少ないような気がします。
>  竜馬さんを史実どおりだけでなくて、まったく違った選択をしてみることもできるのは面白そうですし、施設へのアクセスまで書かれているのが親切でいい作品だと思います。

幕末ゲーム、やや少ないのかもしれません。
しばらく前には新選組ブームというのがあったそうです。
幕末について学んだり、隊士のコスプレを楽しむ女性達も多かったとか。
「維新の嵐」は旧作のほうが本格的で人気も高かったそうです。
それに対し「疾風龍馬伝」は親しみやすさを重視した作品だと聞いています。
私がプレイできたのは後者のみですね。

>  今日はお休みなので、少しゲームをプレイするかもしれません。
>  お互い無理しないで楽しめればと思います。

貴重な休日、大切にしてくださいね。
私もアニメやゲームなど楽しめればと思っています。

>  今日も一日、どうかよろしくお願いしますね。
>  遅くても夕方には浮上すると思います。

いえいえ、こちらこそです。
私も夜までに戻ってきたいと思います。
猫さんも良い一日をお過ごし下さい。
コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

☆私の親友姫奈千歳さんのブログ
 きなちとほぉむ

カテゴリ

いらっしゃいませ