fc2ブログ

記事一覧

第547話 提督の決断Ⅲ

艦これのゲームではイベント後半が始まりました。
今回はコーエーさんのSLG「提督の決断Ⅲ」を紹介します。


※「提督の決断」を語る際の決まり文句。
戦争ゲームの中でもとりわけ議論を呼ぶシリーズですが
本ブログは戦争を賛美肯定するものではありません。

概要 
日本またはアメリカの提督(司令長官)となって艦隊や
歩兵、航空隊などを指揮し第二次世界大戦での勝利を
目指すウォー・シミュレーションゲーム。
戦闘の指揮だけでなく外交や生産の手腕も問われます。

勝利条件(PS版無印)
相手国の母港クラスとなる基地を全て押さえると勝利。
敵艦をすべて沈める、戦意を失くすなどという勝ち方も
ありますが最初の条件がいちばん満たしやすいです。

相手が条件を満たしたり艦隊全滅などでプレイヤーの
提督が戦死すると負けになります。
ちなみにショートシナリオでは作戦ごとに決められた
目標をこなした側が勝利を得られます。

C30

舞台はアメリカ本土からインド洋まで
本編が始まると海やら陸地やら、そして基地など
いろいろなものが目に飛び込んできます。
東はサンフランシスコなどのアメリカ西海岸、
西はインド洋・コロンボ周辺まで。
艦船や航空機などは3Dで見事に再現されています。
アニメで見ると若干の不自然さを感じますが…

すごく簡単に説明すると味方の艦隊を敵艦や基地に
向けて移動させ撃滅する…ゲームはその繰り返し。
時間を進めるとお互いの作戦が進行していくので
様子を見ながら調整するのもプレイヤーの役目です。
あまり無考えに攻略していると物資が入らないなどの
不都合が起きてピンチを迎えるはず。

ほとんどの情報は戦時中の暗号電文風に送られて
きます。そのあたりの表現は賛否が分かれるところ。
第二次大戦という事で日米以外の国も多く出てきますが
当時の諸問題をリアルに描きすぎた感は否めません。

プレイヤーは戦争に勝つ以外の「作戦」も与えられて
いて、達成するたびにボーナスがもらえます。
詳細は別記事で書きますので読みたい方はどうぞ。

海戦はコーエー伝統のHEX戦
提督の決断Ⅱ、4の海戦は疑似リアルタイム方式
でしたがこちらは「信長」「三國志」のように交互に
駒を進めていくシステムになっています。
特筆すべきは空、海、陸、水中(潜水艦)を一つの
マップに描いてしまうというアイディアでしょう。

Ⅱの歩兵は巡洋艦クラスの船を沈めるほどの
強さがありましたが、Ⅲでは弱体化しています
(砲台と分離したため空海への攻撃ができない)
基地を占領するために歩兵は必須なので無闇に
失わないよう注意です。
こちらも読みたい方向けに後で書いてみます。

イベントで隠された戦争の真実を知る?
有名な話題や一般にあまり知られていない物事が
イベントとして発生することがあります。
フィクションや史実と日時が異なる場合が多いのは
難ですが、検索などで詳細を知るのもよいでしょう。
サクラ、サクラは玉砕(全滅)の電文だったりします。
枢軸国の犯した過ちにも出会うかも知れません。

後記
関係が悪い時期だったとはいえ中国に訴えられた本作。
ただ、特定の国を美化するような身勝手な作品でもない。
このシリーズに触れるのは第二次世界大戦について
ある程度知っている人がほとんどのはず。
大切なのは、プレイした後で昔の出来事について学び
そして考えることだと思います。
戦争を知らない人だけの時代が来るのは恐いですが
ゲームと現実の区別はしっかりお願いしますね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

たつみんの気ままな喫茶店 - にほんブログ村

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

CD (5)

いらっしゃいませ