FC2ブログ

記事一覧

第443話 三國志Ⅲちょこっとレポート(後)

前回に引き続きコーエーさんの「三國志Ⅲ」を紹介。
戦場と外交、新武将について書きます。


兵科は歩兵、騎兵、弩(弓)、強弩の4種類。
装備のそろわないうちは歩兵が命です。
(5736)_convert_20210212174146.png
こちらは野戦(山岳)のマップ。
こういった戦場を押さえておけば攻城戦を防げます。
守備側は騎兵で逃げ回るだけでもOK。
夜間にばったり敵と遭遇しないように!

(5730)_convert_20210212174111.png
海戦ができる戦場はわずか3か所(赤壁など)。
機動力がモノをいう作品なので闘艦を持ち込むより
軽くて速い小型船を持ち込みたい。
以上、逃げのたつみんがお送りしました

(5744)_convert_20210212174218.png
城攻めは少々勝手がことなります。
防御の高い本城や門、城壁などが立ちはだかります 
本城にいる大将を攻撃するには一斉攻撃が必須。
これだけ(画面上)の部隊がいれば負けはしないが
時間切れはないので兵糧は十分に持ちましょう。

(5755)_convert_20210212001352.png
一騎打ちにこの手のアニメがついたのはⅢから。
格闘ゲームのようなメーターが尽きると負けです。
呂布なんかだと一撃ですぱーんと勝つことも。
武官たつみん「○んでたまる・・・ぐふっ」

(5724)_convert_20210212173957.png
収支が苦しいゲーム序盤では同盟を結んで
援助を受けまくるのが生き残り術。
友好的な相手と縁を切ると大損をするので
(民、武将、兵士の忠誠などが低下)
降伏勧告で敵対心40以上にしてから切ろう。
…ご使用はプレイスタイルに応じて。

(5721)_convert_20210212173900.png
Ⅲではオリジナルの君主、武将を作れます。
架空武将をたくさん作って野に放つのも楽しい。

おまけ・深く知りたい人はどうぞ
戦争で無闇に攻撃するばかりが能じゃないです 
火計・伏兵・寝返りの約束など頭を使うのも大切。
特に効果があるのが「同士討ち」。
城に立てこもる際は火計とあわせてお試しあれ。

敵の部隊は少しでも防御効果の高い地形を
取りたがる。シンプルなゲームだけに厄介ですね


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

たつみんの気ままな喫茶店 - にほんブログ村

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ