FC2ブログ

記事一覧

第254話 イースⅨ ー モンストルム・ノクス ー

今回は先日発売された「イースⅨ」について書きます。
ネタバレは最低限に収めますので、ご安心を


IX_-Monstrum_NOX-_4.jpg
今までの冒険で起きた奇跡の数々が災いして、
バルドゥークの監獄へ送られてしまった主人公・アドル。
脱出を試みた際、アプリリスという謎の女性に銃撃され
怪人「赤の王」に目覚めてしまう。
その後は監獄に侵入したり出たりを繰り返すことに。

IX_-Monstrum_NOX-_2.jpg
戦闘は、怪人たちが強制的に参加させられる「グリムワルドの夜」や
街中に潜むラルヴァ(邪霊)との戦い、などなど。
主人公たちがなぜ戦わなくてはならないのかは不明である。
操作感覚は「イースⅧ」「セルセタの樹海」とほぼ同じです

IX_-Monstrum_NOX-_1.jpg
戦闘では、敵の攻撃をガード系の技で防ぎながら
こちらのスキルをぶつけてやるのが基本。
回避が困難なら攻撃ボタン連打で切り抜けるのもあり。
なお一般住民にはラルヴァが見えないらしい。

怪人たちの顔ぶれは序盤のうちに分かるのですが
ここでは怪人《白猫》を紹介します。
IX_-Monstrum_NOX-_3.jpg
盗んだお金を貧民街の人々に施す、人気者の《白猫》。
だが、彼らはそればかりを当てにして意欲を失ってしまう。
それを知った彼女はどんな行動に出るのだろうか?

序盤をプレイした感想
「監獄」「怪人」という言葉が出てくるとダークな展開を
連想しがちですが、さほど気になりませんでした。
平時は普通の姿で過ごす怪人たちですが
アプリリスの命令に逆らうことはできないようです。
おそらく、アドルのように「撃たれた」のだと推測されます
彼らにしか見えない「ラルヴァ」とは何なのか。
放っておくと都市や世界に悪影響をもたらすのだろうか?
序盤ではほとんど分からない状態です。

今作で一番目を引くのはアクション性の高さだと思います。
壁を垂直に駆け上がる、屋根から屋根へと飛び移る…
映画やアニメも脱帽のクオリティとしか言いようがありません。
ただ、それによるいくつかの不整合は気になります
※ラルヴァのそばにシナリオイベントが発生する場所があり
 そこへ踏み込むと戦闘がお開きに
※高所からイベント領域に入った場合も、主人公たちが
 徒歩でやってきたような描写になっている

これらがゲームの進行を妨げることはないのでご安心を。

もう一つの見どころは「グリムワルドの夜」でしょう。
こちらはイースⅧの迎撃戦とほぼ変わりませんが
6人の怪人たちがモンスターと戦う場面は圧巻です。
ドギ(アドルの相棒)を始めとする一般の
仲間たちがスキルで力を貸してくれるのもいいところ。

☆今回はこのあたりにしておきます。
読んでくださった皆さん、ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

☆私の親友姫奈千歳さんのブログ
 きなちとほぉむ

カテゴリ

いらっしゃいませ