FC2ブログ

記事一覧

第253話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第2章(1)

第2章 ~ボルト大決戦~

○強いお爺さんと、剣の師匠
 チャノムの首都ダイスを目指して進む一行。
ルーレじいさんは襲ってくる魔獣を火の魔法で一網打尽。
ジュリオクリスもローディと連携して戦います。

ローディ「ジュリオ。そのローディさんって、
サン付けで呼ぶのはやめてくれよ」

ジュリオ「でも、剣の師匠のことを呼び捨てなんかで呼べないよ」
ローディ「…おいおい、やめろったら。この広い世界で俺が師匠と
呼べるのはフォルティアの指南役、デュルゼル殿くらいだ」


ジュリクリは以後ローディの事をサン付けで呼ばなくなった。


○カジノの街・ダイスにて
 ダイスの街に着いたとたん大喜びで名物のカジノへ
行ってしまうルーレじいさん。
 驚いたことに、彼は大当たりを連発しているのだった。
とても無一文で自宅に帰る人とは思えないくらいに。

 この街に遊びに来た人はみんなカジノに夢中のようだ。
見ていてもきりがないので一旦カジノから離れる二人。
 気が付くと二人はこの国の大統領バロン
官邸まで来ていたが、門衛がいて中に入れない。
 ジュリオたちはお屋敷の外を散策することにしたが、
裏手まで行ったところで、小さな子供達がしゃがみこんでいた。
 おびえるように屋敷の奥へと逃げてゆく子供たち。
子供たちはただ大きな家が見たかっただけ、なのだが…

兵士「こら、見つけたぞ!こんな所で何をやっているんだ
不法侵入で逮捕するぞ?」


兵士の態度に思わず反発するクリス。

クリス「私たちはただ屋敷の外を散歩していただけじゃないの。
だいたい、子供に向かっていきなり怒鳴りつけるなんて
いい大人のすることじゃないわ!」


あまりの剣幕にたじろぐ衛兵さん。
クリスに完全に押し切られ、ついに泣き出してしまう。

クリス「わかればいいのよ。行きましょ、ジュリオ
私、この街あんまり好きじゃないわ」


子供たちはダーツの村へと帰っていった。
その頃ルーレは…まだカジノに興じていたのだった。


Tips - 主人公もカジノで遊ぶことができる -
 必須イベント以外で遊べるゲームはブラックジャックのみ。
メダル交換レートは若干カジノ側が有利になっている。
 カジノ内でセーブしたりメダルを持ち出したりはできないが
ロードを繰り返してまでガメるほどの利益も出ない。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ