FC2ブログ

記事一覧

第246話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第1章(8)

○アルフの指輪
 アルフがいなくなったことに気づいた一行。
最後まで寝ていたジュリオクリスにたたき起こされます。

ローディ「くそ!どうなってんだ…港で聞いたんだが
つい今しがたでっかい船がアルフらしいのを乗せて出港したそうだ
ノルディック王には謁見するし…いったい何者なんだ?」


クリスが机の上にある指輪に気づきます。

ローディ「これは!?…かなり擦り減っているが
アンビッシュの紋章が刻まれている?」


とりあえず、指輪はジュリオが預かることに。
三人は自分の足でアンビッシュに向かうことを決意します。


○双竜谷の関所・調子のいいお爺さん
 双竜谷を抜けて関所にたどり着くと、門番の兵士と
お爺さんが言い争いをしていました。
 お爺さんはチャノムのダイスにあるカジノに行きたい
のですが、いつも無一文で帰ってくるので、門番をしている
孫のレッドが必至で止めているのです。

孫VS老人の口ゲンカはいつまで経っても止みません。

ルーレ爺さん「おー、なんという冷たい奴だ。もうお前には頼まん
この人たちに連れていってもらうわい!」

ジュリオ「え~?」

半ば強引にパーティに加わったルーレ爺さん。
ジュリオ達は、ダイスまでお爺さんと同行することになりました。

大海獣・ガルガは未だロップ島で眠っています。
主人公たちは彼より先にアンビッシュへ向かえるのでしょうか?

(第1章:テグラの宝石 完)


Tips - ミロポスト -
街道を歩く者たちの道標となる "ミロポスト"。
例「西 ラグピック村 50ミロ」(←こんな感じ)
1ミロが我々の世界のどれほどの距離に
当たるかは不明だが、プレイヤーが主人公たちを
目的地へ導くための助けになってくれる。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

☆私の親友姫奈千歳さんのブログ
 きなちとほぉむ

カテゴリ

いらっしゃいませ