FC2ブログ

記事一覧

第238話 たつみんの三國志Ⅵ攻略ガイド・中編

たつみんの三國志Ⅵ講座。今回は戦争編です
…前回の記事からだいぶ時間が経ってしまい申し訳ありません
内容はマニアックなので、どうかご注意を


■まずは部隊の編制
兵力の充分な部隊を5つ組めるのなら問題ありませんが
そうでない場合は編成に気を遣う必要があります。
基本的に少数の部隊を多く作るほうが戦闘力が上がります。
(特に籠城して城壁の上から攻撃したい場合は有効)
代わりに部隊が壊滅して武将が捕まるリスクが増します
守りに徹する他にない時以外は最低でも2部隊以上にします。
1部隊だと、おそらく拠点から動けなくなるでしょう

●野戦
攻守ともに「敵を壊滅させるか拠点を狙う」スタイルです。
攻撃側の拠点は兵糧庫なので、取られても直ちに敗北しません
守備側は負けても余力があれば攻城戦に移行も可能です。

●攻城戦
守備側は城門や罠で身を守れるぶん有利ですが、
城内にある「政庁」を破壊されると負けてしまいます。
退却が困難、都市が荒れるなどのリスクも。
攻撃側は敵の射撃に耐えつつ早急に門を壊しましょう。
門壊中に敵を挑発すると比較的簡単に攻略できます。
CIMG0834_convert_20190512232547.jpg
☆部隊への命令
戦いは各武将に「方針」と「行動」を指示することで行われます。
「行動」は攻撃・火計・一騎討ちなどおなじみのもの。
行動を遂げた後は与えられた「方針」にしたがい動きます。
詳しく書くとめんどいので、今回は細かく書きませんが
『進行』ボタンを押すと三日後まで次の命令を出せません

CIMG0849_convert_20190512232702.jpg
総大将がやられるか逃げる、士気が0になる
政庁が落ちる、30日経つなどで戦争は終わります。

CIMG0852_convert_20190512232743.jpg
☆一騎討ちについて
強気な方針を選ぶほど多くの作戦(技)が使えます。
作戦は適当につければよい、というわけではありません。
例えば「一撃必殺」は「先制弓矢」に弱いです。
どちらかの体力が0になるか逃走すると勝負あり。
勝つつもりなら相手を逃がさず捕獲するのを目指しましょう。

「必殺技」は体力が少ない時に真価を発揮します。
CIMG0855_convert_20190512232826.jpg

◇「Ⅵ」の兵科はたくさんある!
兵力と武将の強さが物をいう「三國志Ⅵ」。
しかし、戦場に合う部隊を編成するのもけっこう大事です。

歩 兵:コストが安く調達しやすい(異民族都市以外で徴兵可能)
騎 兵:平地で無敵を誇るが山や森では歩兵より脆い。
その他:水軍兵や山岳兵など。特定の地形で強い歩兵

さらに、異民族の都市を占領すると特殊な兵を集められます
たとえば弓を射る騎兵精強な歩兵など。

(長くなったけど次回へ続く)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ