FC2ブログ

記事一覧

第204話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト序章(7)

(時間が経過したため、前回のあらすじを簡単に書きます)
 巡礼の一環として「鷹の爪号」の手伝いをするジュリクリ(※)。
途中で船内での盗難疑惑が発生し、船倉を探索します。
 そこで出会ったのは、あのハックおじさんでした。
(※ジュリクリ:ジュリオ&クリスに船員が付けたあだ名)

〇「ミッコウノダイカ」
ハック「これも人生のいたずらなのだよ、私の研究を理解できない
金貸しに用はないっ!学者たるもの、常に探求心を持って…」


 借金取りから逃げた上に、密航までしてしまったハック。
彼のお腹が鳴った(腹ペコだった)ことで魚泥棒の疑惑は晴れたが
船員のボスレイが到着したことでハックは連行されてしまう。

 クリスのおじである事もあり、ニーリの港まで大人しくしていれば
無罪放免という船長の寛大な処置をもらうことができた。
 保護観察の身でありながら周囲の風景を鑑賞しようとして
ジュリオと同様、咎められるハックおじさんでありました。

〇船上のリアル鬼ごっこ
 盗難疑惑の真実を探るため、再び泥棒コンビの部屋を
訪れたジュリオ、クリス、ジルバ船長たち。
 グースは「連れが船酔いで…」と面会を拒否するが、
ジュリオとクリスが酔い止めを持ってくることになりピンチを招く
 
 薬探しに手間取ったのも悪かったのかもしれないが
二人が戻ってきた時には、客と船員が全員眠っていたのだ。
どうやら睡眠薬によって眠らされたらしい。
 あわてず、船長の所持していた「手配書」を読む二人。
容貌や犯罪の手口から、大金持ちのヘストンさんが怪しいと
読んだが、彼は二人を賞賛したのち海に飛び込んでしまった。

 その際、ヘストンは盗品のカバンだけを取りこぼしてしまう。
タイミングよく部屋から出てきたグースがそれをキャッチ!
クリス「どうもありがとうございます…って
この人、私たちから銀の短剣を盗もうとした泥棒じゃない?」

 カバンをぽんぽんと投げ合ってジュリクリを
かく乱する泥棒・シャーラ&グース。
 
〇ハックの知恵&一致団結で遭難回避
 盗品の確保に夢中になっていた一同だが、あることに気づく。
「この船、流されてるんじゃない?」
 船員は起きないし、操船に詳しい者もいない。
クリスのひらめきでハックおじさんを呼んでみることにした。
 おじさんは多分無事にニーリに着ける、と豪語する。
ハック「この世に絶対ということは、絶対にない!」
 なんとも頼りないお言葉。

 しかしハックは周囲の4名(ジュリクリ&泥棒2名)
に的確な指示を出し、彼らも夜通しでロープを引いた。
 夜が明ける頃には過労で眠ってしまう4人。
努力のおかげで客船の遭難を見事阻止したのである。


Tips - 女剣士 サフィー -
「女剣士 サフィー」もこの世界で人気を博している小説。
著者はエル・フィルディン(Ⅳの舞台)のカラムス先生。
中々入手できない第4巻は終盤にゲットできるのでご安心を

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

 こんばんはです。
 連日のブログ執筆おつかれさまです。
 平成最後のコメントをさせていただこうと思います。

 202話から204話までを読ませていただきまして、
 まずは高崎グラフィティのお話なのですが、
 地元が出てくるというのは微笑ましい感じでしょうか。

 高崎は規模も大きな街だと思いますが、
 東京に近いことでどうしても比較されてしまうのか、
 そんなようなこともあるのかなと思います。

 地元に残るか、外に出ていくのか、
 あるいは今後どう生きていくのか、
 色々なことを考えさせてくれるお話と見受けられました。

 レトロな漫画のは表紙の大胆さに驚きましたが、
 内容は分量もスケールも大きいものなのですね。
 1400ページという分量を読むのは、
 かなり時間がかかったのではないかと思います。

 最後に、英雄伝説3のお話ですが、
 「ミッコウノダイカ」というサブタイトルに、
 そういうタイトルのアニメがあったなと、
 ふと思い出しました。

 盗難事件から海難事件になりそうでしたが、
 うまく対処できたのはよかったかと。
 クリスさん達にはお疲れ様と言いたいです。

 元号も変わりますがこれまで有難う御座いました。
 新しい元号になってもどうかよろしくお願いします。
 m(_ _)m

Re: No title

>  こんばんはです。
>  連日のブログ執筆おつかれさまです。
>  平成最後のコメントをさせていただこうと思います。
猫さん、こんばんは!
平成最後のコメントありがとうございます。


>  202話から204話までを読ませていただきまして、
>  まずは高崎グラフィティのお話なのですが、
>  地元が出てくるというのは微笑ましい感じでしょうか。
>
>  高崎は規模も大きな街だと思いますが、
>  東京に近いことでどうしても比較されてしまうのか、
>  そんなようなこともあるのかなと思います。
3記事も読んで下さるとは、うれしい限りです。
地元が舞台の作品はつい読みたくなる私ですが
高崎は、いろいろな意味で不思議な街だと思います。
駅だけなら前橋より大規模だったり、繁華街を抜けた先が
シャッター街・・・だったりと。
東京と比べられることは個人的に意識していません。
ただ、東京のほうが華やかに見えてしまうのは確かです


>  地元に残るか、外に出ていくのか、
>  あるいは今後どう生きていくのか、
>  色々なことを考えさせてくれるお話と見受けられました。
その問題に明確な答えはないのかも知れませんね。
おのおのが臨機応変に行動する必要もあると思います。


>  レトロな漫画のは表紙の大胆さに驚きましたが、
>  内容は分量もスケールも大きいものなのですね。
>  1400ページという分量を読むのは、
>  かなり時間がかかったのではないかと思います。
古い漫画というのは、他にもたくさんあるはずですが
たまたま見つけたものが記事になりそうだったので
ブログに書いてみることにしました。


>  最後に、英雄伝説3のお話ですが、
>  「ミッコウノダイカ」というサブタイトルに、
>  そういうタイトルのアニメがあったなと、
>  ふと思い出しました。
サブタイトルは某アニメのパロディです(笑)
ハックさんは全く悪気のない人なのですが…


>  盗難事件から海難事件になりそうでしたが、
>  うまく対処できたのはよかったかと。
>  クリスさん達にはお疲れ様と言いたいです。
まるでおとぎ話のような「英雄伝説3」ですが、
軌跡シリーズとは違った魅力がありますよ☆


>  元号も変わりますがこれまで有難う御座いました。
>  新しい元号になってもどうかよろしくお願いします。
>  m(_ _)m
こちらこそ、よろしくお願いします。
おたがい体調だけには気をつけましょうね。

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

☆私の親友姫奈千歳さんのブログ
 きなちとほぉむ

カテゴリ

いらっしゃいませ