FC2ブログ

記事一覧

第172話 私が見た2018年秋アニメ(2)

今回は2018年秋アニメのレビュー、後半です。
☆記事前半はこちら

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
通称「青ブタ」。
題名はユニークだが、ストーリーはやや重い感もある。
ざっくり言うと、主人公の「梓川咲太」が周囲のヒロイン達に
起こる"不思議な問題"を解決していくお話。
その問題の原因が思春期症候群、というわけだ。
他人に対しては基本塩対応な咲太だが、相手のことは
それなりに配慮している様子。
何より、主人公自身も思春期症候群の被害者である。
(ときどき胸にできた傷を痛がる場面が見られる)

個人的な意見だが「ブタ野郎」こと主人公・咲太は
"理想的な男性像"の一つではないか?と思う。
ヒロインたちを軽視することなく、やたらと甘さかず、
基本的に冷静で人との距離を適度に保っている。
会話に皮肉や冗談を挟むことで、あえてそういう姿勢を
(暗黙のうちに)アピールしているのかもしれない。
先輩への告白シーンなど、時にはなりふり構わず
大胆な行動を起こすところも評価したいところだ。

ある意味「かっこいい生き方」の主人公なのだが
年齢の割にずいぶん苦労を重ねているのだろう。

うちのメイドがウザすぎる!
通称「うざメイド」。
母を亡くしたロシア少女・ミーシャの元にメイドがやってきました。
しかしそのメイドは、幼女が大好きな変態さんだったのです

主人公の少女・高梨ミーシャと、彼女を異常なまでに愛する
元自衛官のメイド・鴨居つばめを中心としたコメディ。
ただし、終盤はかなりシリアスな展開となっている。
ミーシャとお近づきになるためなら手段を選ばない、つばめと
それをウザったく思い、追い返すミーシャ。
そして、主人公に何度追い払われても懲りない、つばめ
…基本的にそんなパターンの繰り返しである。

ミーシャの父親だが、血が繋がっていないため「パパ」と
呼んでもらえない(…)父・ヤスヒロの"子ぼんのう"ぶりや
小学校のクラスメート、わしわし&ゆいの個性にも注目。
中盤からはドMな元上官メイド・みどりんも登場。
彼女には何と「専用BGM」がついているのである

主人公と2人のメイドを中心に騒動が繰り広げられる
ウザ楽しい(?)コメディアニメ。
一番うざい台詞は「お嬢様がしゃちょーを迎えても」かな?
なお、この作品にも「ロシア語監修」のスタッフが存在する。
最近のアニメはかなり凝った作りのものが多いのだ。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
通称「いもいも」。
ラノベ作家を目指す祐の作品は、一次選考で落ちてばかり。
ある時、妹の涼花が代理で送った作品が大賞を受賞してしまう。
色々もめた末、兄が「永遠野誓」のPNで作者を名乗ることに。
優秀な妹に実力で及ばない祐と、兄のことが好きでたまらない妹。
妹萌え作品の執筆を通じて"二人の絆"は深まるのだろうか?

作画崩壊が騒がれるなど、賛否両論の評価となったアニメ版だが
個人的には中々楽しかった作品である。
騒動のお陰か、中盤からはむしろ画質が改善してきた感じ。
ただし、番組中にスマホがフィーチャーフォン(ガラケー)に
すり替わった場面についてはさすがに理解しがたい。
また、周囲とのトラブルやお色気シーンに発展するという
単調なパターンが頻繁に起きるので、そこは少し気になった。

メインシナリオはしっかりしているので安心して見てほしい。
兄の祐が妹萌えに目覚めるよう、努力するシーンも多いが
実際は、妹萌えではなく兄萌え作品、とも言えそうだ。
主人公兄妹の仲の進展や真の意味での「兄の作家デビュー」、
周囲のヒロインの今後など、色々と想像を膨らませてみたい。

リアルで"妹萌え"を起こす人は、あまりいないのではないか?
なお私は我が弟のことを可愛いと思うが"萌え"ではない。

やがて君になる
通称「やが君」。
悩み多き女子校生・侑と生徒会会長の七海先輩(女性)が
次第に興味深い関係に向かっていく、百合アニメ。

七海からの突然の告白の後、生徒会に加わる主人公・祐。
最初のうちは七海にリードされっぱなしで困惑する。
彼女には「特別に思える人間がいない」一面があるからだ。
一方、完璧超人と呼んでも過言ではない七海先輩には
過去に失った姉のように振る舞わねばという強迫観念が。
先輩は本当は決して強くない少女だったのである。

祐は無理しがちな七海を助けてあげたいと思うようになる。
生徒会劇の練習をしつつ、台本の修正を始めたあたりで
今期の放送は、とりあえず終了を迎える。

この作品を純粋に「百合」として楽しんでも別にいいだろう。
だが、登場人物たちの葛藤をうまく描写している点にも
注目してほしい、と私は強く願う。
七海先輩に好意を寄せている、副会長の佐伯先輩や
他の生徒たちの細かな動向にも目を向けては如何だろう?

寄宿学校のジュリエット
敵対する二つの国家の中間に位置する「寄宿学校」。
そこでは両国の寮生までが対立していた。
主人公の露壬雄(ろみお)と、ヒロインのジュリエットは
こっそり恋人として付き合うようになるのだった。

秋期、私が視聴しきれていない唯一のアニメなので
詳しく感想を書くことは避けようと思う。
王道ながらシナリオも作画も秀逸で、見ていて楽しい作品。
女性キャラは可愛いし、主人公の気性にも好感が持てそうだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ