fc2ブログ

記事一覧

第131話 イースⅧ・キャラプロフィール(後編)

こちらでは「イースⅧ」に登場する拠点「漂流村」の
人々について、簡単にまとめてみます。

・・・ちょっと記事が長いので、読みたい人だけどうぞ。
※ゲームではエタニア人や別種族のキャラ等も多数存在しますが、今回は割愛します


ドギ

シリーズのほとんどに登場するアドルの相棒。
立派な体格をしているが、基本的にプレイヤーキャラにはならない
(主人公に同行して時々イベントに参加する程度)
今回は「迎撃戦」などの別班リーダーとして活躍してくれる。

バルバロス船長
旅客船「ロンバルディア号」の船長。威厳と冷静さを備える。
見た目は豪胆だが誠実な人物で、言葉づかいも丁寧である。
漂流村では皆のまとめ役として活躍し、大きな信頼を得るが
暗殺者の毒牙に掛かり、無念の死を遂げる。

アリスン
旦那さん(エド)と新婚旅行をしていた途中に遭難した女性。
漂流村では軽防具や装飾品などを作る「仕立て屋」を担当する。
温和でやや気弱な性格。実は旦那さんの子を妊娠していた。

ハシビコロウ
人物ではなく、漂流村に住み着いた鳥。
アドル達が釣った魚をあげると、たまに良いアイテムをくれる。
リコッタにとっては「せんぱい」に当たるキャラ。

カーラン卿

ロムン帝国出身のわがまま貴族で、漂流村の嫌われ者。
仲間に対しても常に傲慢かつ高圧的な態度を取る。
最後は独断専行が過ぎて島脱出を図り溺死・・・と思いきや
意外な場所でしぶとく生き延びていたりする。
曲がりなりにも統治者であるため、財政経理が得意。

キルゴール
腕の立つ名医で、アドル達の薬の調合をしてくれる。
冷静かつ的確な判断で村人たちの信頼を得るが
その正体は冷酷非道の暗殺者「名無し」だった。
狡猾な策で村人たちを傷つけ、船長を死に追いやるが
アドル達の前に敗北。最期は古代種のエサとなる。

カトリーン
自他ともに厳しい性格の、女性鍛冶師。
漂流村でも「鍛冶屋」としてその腕を振るってくれる。
古代種に対抗できる「ヒイロカネ」の武器を作るのも
彼女の大きな役目となった。

リトル・パロ

バルバロス船長の伝令役となるオウム(鳥)。
たどたどしい口調が印象的。
漂流村に敵が近づくと、アドル達に迎撃戦への加勢を促してくる。

シスター・ニア
常に村人たちの平和と安全を祈ってくれる敬虔なシスター。
アドルの足手まといになるのを憂い、自らのローブを破るという
大胆な行動も見せてくれる。

エアラン
とある犯罪者を追っていたら漂流してしまったロムン帝国の憲兵。
厳格な性格で、バルバロス船長亡き後のリーダー格となる。
口調はややぶっきらぼうだが、皆の面倒見はよい。
工芸品や施設の修繕が得意など、手先が器用な男性。

ディナ
お金儲け第一主義のあざとい女商人。
アイテムの交換屋担当だが、そこでも儲け話の話題ばかり。
気前はいいのでそれほど嫌われ者になるわけではない。

レーヤ

いいところのお坊ちゃまだが、農場に配置され不満をこぼす。
だがピッカードや作物の世話をしているうち仕事が板についてくる。
クイナと並ぶ漂流村のキッズコンビ。

ミラルダ
たくさんの子供たちを故郷に残している、元気な奥さん。
漂流村では主に調理で活躍しているようだ。
アドルを誘惑するような、アブナイ台詞を吐くこともある。

リヒト
とにかく自信がなさそうで、内気な表情の青年。
しかし医術の心得があり、キルゴール没後は医師役を務める。
アリスンの難産を無事成功させたのもこの人。

クイナ
倒れていた所をキルゴールの「おとり役」に使われてしまった少女。
イタズラ好きな性格だが、普段はとてもいい子である。
漂流村の良きムードメーカー。

オースティン

陽気というか、どこか抜けた感じのする貴族の青年。
彼の描く絵は個性的を通り越して「下手」としか言いようがない。
だが音楽の腕前は一流で、ダーナ達と演奏をする場面も。

タナトス
島の各地に「T」名義の謎の手紙を残していた人物。
リコッタの義父で、見た目は祖父&孫娘といった感じである。
知識と体力、行動力を持ち合わせる優秀な探検家だが
持ち前のユーモアと遊び心も、彼の魅力であろう。

シルヴィア
漂流村の女性(人間)では最年長と思われるお婆さん。
少し前まで闘技場の現役戦士を務めていた強者。
アドル達の救助を待っていたというより、自力で生活していた。

マスターコング
セイレン島に住んでいる、ゴリラのような姿をした生き物。
彼との手合わせに勝利すると新しいスキルを教えてくれる。
リコッタにとって「ししょー」に当たるキャラ。

カシュー

ロンバルディア号船員で、バルバロス船長を尊敬していた。
序章ではアドルたちの仕事の監督役をしていた。
やや大人しい性格の青年だが、いざという時の勇気はある。

エド
アリスンの夫。妻同様、仕立てが得意だが気は強くない。
行方不明になっていたが、奥さんの出産にぎりぎりで間に合う。
以後、守るべき妻子のため「迎撃戦」などで一生懸命戦う。

エド夫妻の子
漂流村に生まれた、小さな命。
名前は「ルーク」「ホープ」「ウィル」のいずれかになる。

フランツ
文武両道を誇るスーパー執事で、ラクシャのお目付け役。
特に武術の腕前はアドルに匹敵するほどである。
閃の軌跡のシャロンに負けない程の「お嬢様思い」だが、
男性嫌いのラクシャからはさほど良く思われていない。

グリゼルダ

アドルと面識がある、ロムン帝国のセルセタ地方総督。
おそらくセイレン島で救助可能な最後の漂流者となろう。
淡々とした性格だが賢明で、なかなかの美人でもある。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

 おつかれさまです。
 最近はイース関係の記事が多くなりましたね。
 ますます興味を持ちつつある今日この頃です。

 キャラ紹介を改めて見てみると色々な方がいらっしゃって、見ているだけで楽しくなりました。
 主人公のアドルさんについては、まるでラノベの主人公みたいな感じなのでしょうか。
 公式からも「女性遍歴」とネタにされているのはそれも愛ゆえなのかもしれません。

 後編記事の名前の色は青が男性、ピンクが女性なのかと推測しますが、視覚的にわかりやすくていいと思います。
 色々な漂流民はおそらく最初は衝突を重ね、その中で協力していくということだと思いますが、そういった展開っていいですよね。
 また前編に戻りますが、ダーナさんがアドルさんよりも攻撃的と書いてあったのはちょっと意外でした。

 今日も相変わらず暑い一日が続いていますが、熱中症は大丈夫ですか?
 台風の影響でもしかしたら今日はもっと暑いことになっているのかもしれませんが……
 お互い水分補給を忘れずに、無理のないように色々なことに挑戦できればいいですね。

 夜にもう一度浮上するかもしれません。
 そのときにまた少しお話できれば幸いです。

Re: No title

>  おつかれさまです。
>  最近はイース関係の記事が多くなりましたね。
>  ますます興味を持ちつつある今日この頃です。
こんばんは。
しばらくの間はイースⅧの記事をまとめてみようと思います。
若干、内容が偏ってしまいますがご了承ください。

>  キャラ紹介を改めて見てみると色々な方がいらっしゃって、見ているだけで楽しくなりました。
>  主人公のアドルさんについては、まるでラノベの主人公みたいな感じなのでしょうか。
>  公式からも「女性遍歴」とネタにされているのはそれも愛ゆえなのかもしれません。
いつも記事を詳しく読んでくださり、感謝です。
イースⅧはかなりの数の人物が登場するので、一通り紹介してみました。
オルガさんやサライさんなど、一部の人物は割愛してしまいましたが。
アドルについては、それほどラノベ主人公という雰囲気はありません。
ただし初期のエンディングでは、助けてもらった女性キャラが
最後に別れを惜しみ、涙を流すシーンがよく見られました。
むしろ、アニメやラノベのようないちゃいちゃ要素は控えめですね

>  後編記事の名前の色は青が男性、ピンクが女性なのかと推測しますが、視覚的にわかりやすくていいと思います。
>  色々な漂流民はおそらく最初は衝突を重ね、その中で協力していくということだと思いますが、そういった展開っていいですよね。
>  また前編に戻りますが、ダーナさんがアドルさんよりも攻撃的と書いてあったのはちょっと意外でした。
序盤はあつれきの多い漂流村ですが、次第にまとまってきます。
「名前の色分け」については猫さんのおっしゃる通りです。
また、ダーナさんはアドル達とは違う種族なので腕っぷしも強く
巫女としての予知能力を兼ね備えていたりします。

>  今日も相変わらず暑い一日が続いていますが、熱中症は大丈夫ですか?
>  台風の影響でもしかしたら今日はもっと暑いことになっているのかもしれませんが……
>  お互い水分補給を忘れずに、無理のないように色々なことに挑戦できればいいですね。
体調のご心配まで、どうもありがとうございます。
こちらはさほど暑くなく夕方から雨風がやや強くなってまいりましたが
台風の進路から遠いため、あまり大事にはならずに済みそうです。
むろん、油断はいたしません。
お互い台風の被害および熱中症には気をつけたいですね!

>  夜にもう一度浮上するかもしれません。
>  そのときにまた少しお話できれば幸いです。
今日も一日おつかれさまでした。
こちらは色々と用が入ってしまったため、本格的な浮上は
明日になると思います。
では、よい土曜の夜をお過ごしください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

補足:記事コメント欄以外の場所で情報連絡をお求めの方は、非公開コメントでメールアドレスを本文に(コメント入力欄上部のスペースでは当方に届きません)記載するか、ツイッターにて会話するか等、具体的なご要望をして頂けると幸いです。

たつみんの気ままな喫茶店 - にほんブログ村

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ