FC2ブログ

記事一覧

第110話 「閃の軌跡Ⅲ」クリアしました!

こんばんは。
今回はゲーム「閃の軌跡Ⅲ」をクリアした感想を
書いてみようと思います。

※すでに攻略済みという方々も、多いと思いますが
大きなネタバレは避けようと思います。

今日はファルコムさんの誕生日だということで。
奇しくも、この日にゲームクリアできたことは幸いでした。
英雄伝説_閃の軌跡III_20180309134221_convert_20180310000732


ストーリー、登場人物について
物語の詳しい流れを知りたい方は、とりあえず
前作までをプレイしてみるのがよろしいでしょう。
新キャラに加え、過去の登場人物が多く登場して
にぎやかな展開だったと思います。
今作の一番のみどころは、主人公のリィンが
教官役を務めていたことでしょうか?
当初、主人公をあまり信頼していない生徒達ですが
リィンと旧メンバーとの絆を目の当たりにしたり
お互いのピンチを救い合ったりしていくうちに
信頼が芽生えてきます。

よき味方だと思っていたキャラクターが、実は敵だった
という展開は相変わらずなのですが
今回ばかりはちょっと厳しかったのではないでしょうか?


ゲームシステムに対する感想
全体的に操作性や処理時間などが改善し、遊びやすいです。
バトルが快適に行えるようになったのが一番うれしい事ですね
(あくまで、難易度ノーマルでプレイした感想ですが)
仕組みさえ知ってしまえば、戦闘は難しくないです
大技をぶつけて相手をブレイク(行動不能)にさせ、
その相手を攻撃することで、再びポイントが貯まります
また、装備アイテムなどをうまく組み合わせることで
ほとんどチートとも言える強さを発揮できることも。

二つほど載せておきますので、参考までに。
「カグツチLv7」+「レグルスLv7」+「真・必勝ハチマキ」
+「真・闘魂ベルト」

とにかく恐ろしいほどの勢いでCPが溜まります。
状態異常に対しては、ほぼ無防備になりますが
必殺技を連発しやすい組み合わせなので
通常の敵を蹴散らすのに向いています。

「ソフィアLv7」+「グラールロケット」
+「プラチナべっきーバッジ」

最大HPが9999上がり、状態異常を全て無効化
その上、体力全開で2度も生き返る。

これらのシステムは、ゲームバランスを崩すほどではありません。
どういう装備をすれば強くなるのか探してみるのも面白いでしょう。
なお、この手のアイテムは後半にならないと入手できないです。
システムが十分に解放されていない前半戦のほうが
乗り切るのが難しいかもしれません。

ミニゲームが用意されていたのも良かったです。
「釣り」も「VM」も、慣れないうちは難しいでしょうが
ルールがわかると面白いと思います。

余談ですが、魔法(アーツ)によるEP切れを起こすことは
ほとんどありませんでした。
攻撃アーツは意外と使う機会がありませんでしたね


終わってみて感じたこと
敵方の黒幕の行動や考え方には、大いに憤りを感じました。
罪も関係もない人々を平然と犠牲にしてしまったり
彼らの陰謀のおかげで、一時的に主人公達が
仲間を疑わなければならない状態になったり。
彼らにも目的があるため、そうしているわけですが
さして大義を感じることはありませんでした。
ラストで一部の敵が、自分たちの所業に対し
戸惑いを見せていたのは救いだったかもしれません。

以前から、あったんですよ。
「軌跡はもう終わって(完結)ほしい」という指摘が。
確かに、初代「空の軌跡」が出てから12年になるし
物語は終わりを見せる様子もなく拡大を続けてきました。
それを考慮してかどうかの事は、知りませんが
物語の終盤では数多くの犠牲者を出してしまった今作。
突如の異変に私も驚かされました。

物語は感動したし、ゲーム内容にも不満はありません。
「白き魔女」や「閃Ⅱ」の終章では本気で涙を流した私ですが
今回はそこまでの感動はなかったような気がします。
もともと、英雄伝説シリーズとは
「ごく普通の少年少女が人々との出会いや冒険を
重ね、英雄へと成長していく物語」だったはず。
時代の流れで、コンセプトが変わるのは当然のことでしょうが
最近の軌跡シリーズの流れを見ていると
ひと昔前の作品が恋しくなってきそうですね。

次回のサブタイトルは「ジ・エンドオブサーガ」ですが、
「軌跡」を単なる物語ではなく、歴史の流れを眺めるように
このシリーズをプレイしてきた私にとっては
まだまだ終わってほしくない、そんな印象が残ります。

今回はやや厳しい評価になったかも知れませんが
私としては最もお勧めしたいゲームの一つです。
「軌跡」にまだ触れたことのない方も、途中てあきらめた方も
プレイしてみることを強くおすすめします。
できることなら「空FC」から始めてほしいのですが
それは難しい方は「閃Ⅰ」からでも良いでしょう。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

 おはようございます。
 閃の軌跡3クリアおめでとうございます。
 遅ればせながらコメントさせていただきます。

 文面を読んでいる限りお話はかなり厳しい展開であったことが容易に見て取れます。
 無関係な人を犠牲にするという敵の行動は、どんな大義があっても許されるものではないですが、もう少し理由付けがあったほうが深みが出たのかもしれません。
 昔の作品のほうが……というのは、シリーズ作品に常に付きまとう問題なのかもしれませんね。

 長々と続くお話が終わってほしくないという感覚は、アニメや漫画でも同じようなことはあるような気がします。
 最近の漫画に限って言えば明らかに長すぎるだろうというものもあるのかもしれませんが、それは出版社の事情かもしれません。
 いずれにしても、ようへいさんが、本気で感動できる作品に再び出会うことができることを切に願います。

 現在は1リメイクをプレイされているとのことですが、4のプレイももちろんされるのだと思います。
 そのときまでには私も軌跡シリーズなり、ファルコムさんの作品にどこかで触れてみたいなと思います。
 また、ドラクエ5やサガ3についてもまた進展があったらお話してみたいです。

 昨日は浮上もコメントもありがとうございました。
 今日も一日どうかよろしくお願いいたします。



 

Re: No title

>  おはようございます。
>  閃の軌跡3クリアおめでとうございます。
>  遅ればせながらコメントさせていただきます。
猫さん、いつもありがとうございます。
記事を読んでくださる上にコメントまでいただき感謝です。

>  文面を読んでいる限りお話はかなり厳しい展開であったことが容易に見て取れます。
ええ、特に終盤はそういう厳しいシーンも多かったかと。

>  無関係な人を犠牲にするという敵の行動は、どんな大義があっても許されるものではないですが、もう少し理由付けがあったほうが深みが出たのかもしれません。
このあたりを一言で説明するのは非常に難しいですね。
物語の中では、ある「災厄」について語られており、
それはいつか必ず解決しなければならない問題でした。
この問題を解消するために、あえて非情な行動を選んだり
悪事を黙認したりする人々も多かったようです。
ただ敵のリーダーは「目的」を達成するために取る行動が
あまりにも無情ですし、問題解決に乗じて自身の野望も叶えようと
している、そんな一面を見せていましたね。

>  昔の作品のほうが……というのは、シリーズ作品に常に付きまとう問題なのかもしれませんね。
別に、前回以前のほうが面白かったと言いたい訳ではないのです。
キャラクター達の友情や、意表を突くストーリー展開は
むしろ軌跡シリーズの中では最高と言っていいぐらいです。
ただ、今回はあまりにも先が見えない終わり方だったので
そこはやや消化不良だったかも知れません。
連続もの作品なので、仕方がないといえばそうですね。
これ以上は「Ⅳ」をプレイしてみないと何とも言えません。

余談ですが「白き魔女」の敵たちも、
かなりイメージが悪かったです。
こちらでは、彼らの事情をエンディングおよび続編で
知ることができ、大いに感動したという記憶があります。
「閃」シリーズでも納得のいく結末を見ることが
できるよう、切に願いたいと思っています。

>  長々と続くお話が終わってほしくないという感覚は、アニメや漫画でも同じようなことはあるような気がします。
>  最近の漫画に限って言えば明らかに長すぎるだろうというものもあるのかもしれませんが、それは出版社の事情かもしれません。
>  いずれにしても、ようへいさんが、本気で感動できる作品に再び出会うことができることを切に願います。
感動できるシーン自体は今回も多くて良かったです。
今まで、順調に拡大してきた「軌跡」の物語なのに
やや強引に終局に向かわせるような素振りを見せられると
ファンとしては興ざめな印象もある、といった所でしょうか?
それに、私自身も軌跡は完結しても構わないと思っています。
これに匹敵するほどの作品が生まれてくるならの話ですが。

>  現在は1リメイクをプレイされているとのことですが、4のプレイももちろんされるのだと思います。
>  そのときまでには私も軌跡シリーズなり、ファルコムさんの作品にどこかで触れてみたいなと思います。
>  また、ドラクエ5やサガ3についてもまた進展があったらお話してみたいです。
軌跡シリーズをここまで応援してきた私ですので、
「閃Ⅳ」は絶対にプレイするつもりです。
Ⅰのリメイク版については、内容もほとんど同じようですので
ゆっくりとプレイすることになると思います。

ファルコムさんの作品はだいたい知っているつもりなので
聞きたいことがありましたら、遠慮なくどうぞ。
もちろんドラクエ5、サガ3、キングダムハーツ2.8なども
時間をみて攻略を進めてみたいと思います。

>  昨日は浮上もコメントもありがとうございました。
>  今日も一日どうかよろしくお願いいたします。
・・・いえいえ。
別に感謝いただくほどの事でもないと思いますが。
猫さんとは少しでもお話できればと思っています。
せっかくの休日なので、アニメやゲームなど
いろいろ楽しんで見てくださいね!

コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ