FC2ブログ

記事一覧

第472話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト最終章(4)

○ルード城・デュルゼルの旧友見参! カジムとの戦いをローディに任せ、先を急ぐ一行。しばらく進むと階段の上に魔獣達が待ち伏せていた。足場が悪く、こちらから仕掛けるのは危険…その時、魔獣達の後ろから鎧を身にまとう男が現れ槍をふるって魔獣を一掃してしまう。ステラ「魔獣より厄介な敵が現れたみたいね」男は鉄仮面を脱いだ。その正体はなんとアルフ! アルフ「ふぅ…こんなものかな」ジュリオ「アルフ?!」クリス「なん...

続きを読む

第470話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト最終章(3)

○ルード城内部・ローディふたたび グースがくれた鍵を使い城の内部へ向かう一行。地下通路は入り組んだ迷路のような作りになっていた。中ほどまで進むと見覚えのある老人が現れた。かつてシフールの賢者を監禁し、クリスやグースに呪いをかけた幻術使いのカジムだ。彼はレバスの力で復活を果たしたのだとか。クリス「シフールでは、よくも呪いをかけてくれたわね 大人しいガルガに魔獣を寄生させて町を襲わせたり。やることが卑...

続きを読む

第466話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト最終章(2)

○ルード城・うつろな表情の王様 ルード城の中は魂を抜かれて動けなくなっている大勢の兵士がいた。魔獣もたくさん放たれていて攻略は困難だ。謁見室では虚ろな目をして座っているルドルフ王と占星術師レバスが待っていた。レバス「もうルドルフ王に用はない。今日の儀式でいよいよラウアールを呼び出せそうだ」デュルゼル「馬鹿なことはよせ。この世界を滅ぼしてどうするつもりだ?」レバス「私の計画を止めたいか?止められるな...

続きを読む

第464話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト最終章(1)

~最終章 やさしき魔女~ ○デュルゼルと忠臣ブリット 忘れじの街道を北へ向かい、ルードの城下町に着いた。兵士たちにデュルゼルの顔は知られていないようだ。デュルゼルは宿屋に入ると主人に話しかけた。デュルゼル「ブリットに老兵が訪ねて来たと伝えろ。さざなみは終わった、と伝えればわかるはずだ」宿屋の主人サンペは状況を理解したようで待ち合わせのための場所を用意してくれた。しばらくするとブリット隊長が現れた。...

続きを読む

第463話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(9)

○白き魔女の残した道を デュルゼルはジュリオたちを世界の危機に巻き込んでしまったことを詫びた。ジュリオ「気にしないでよ。もともと城には行ってみるつもりだったんだ」クリス「そうよ。白き魔女が命まで賭けたのにほっとけないわよ」ステラ「私もいっしょに行きます」バダット「俺も行くぜ」ジョアンナ「私もお供いたします」ハック「ちょ、ちょっと待った。みなで立ち向かおうとする気持ちは大切だと思うが…。どうも私には煮...

続きを読む

第461話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(8)

○ゲルドの杖とエスペランサー ラウアールの波を引き寄せている、ルード城の天球儀を壊せば世界の破滅を防げるのではないか。手探りながらも解決の糸口が見えてきた。バダット「もう時間がないんだろ?早く城に行って天球儀とやらをぶっ壊してやろうぜ」ジュリオ「ちょっと待ってよ。ラウアールの波についてはだいぶわかってきたけど。フォルティアが戦争を始めようとしているのはどうしてなんだろう。世界を破滅させるのが目的な...

続きを読む

第460話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(7)

○ゲルドの遺志を継いで ゲルドは自分の同族であるイザベル王妃の企てを止めるためこの世界にやってきた、という。ハック「異界の王妃…?」デュルゼル「俺の悪い予感が当たったのだ。イザベル王妃…やはりドルフェスに流れ着いた女もまた異界からきた魔女だったのだ。ただ、その目的はゲルドとは違い、この世界を滅ぼすことにあった」ジュリオ「どうして…?」デュルゼル「わからん。ともかくゲルドはその暴挙を知りイザベルの計画を...

続きを読む

第459話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(6)

○デュルゼルの回想・後編 ディーネのシャリネを訪れた白き魔女はラグーナからメナートに渡ったと聞き、俺も海を渡った。俺が白き魔女に追いついたのはチャノムにある、名もなき小さな村だった。ゲルドは少し紫がかった美しい銀色の髪をしていた。彼女に会い、娘がなぜ白き魔女と呼ばれているのかすぐにわかった。魔女という言葉の響きからはとうてい想像できない透き通った泉のような娘だったのだ。ゲルドは追っ手である俺を見て...

続きを読む

第458話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(5)

○忘れじの街道~ゲルドの丘 アロザの町を出て忘れじの街道に着いた一行。デュルゼルは辺りを見回して追っ手がいないのを確認すると、わき道に入るよう言った。ついた先は寂しげな丘になっていた。ハックたちもそこにいたが、みな悲しげな表情だ。デュルゼル「ここがゲルドの丘だ。諸国を放浪した白き魔女ゲルドは20年前、この地で眠りについた」クリス「白き魔女は…。やっぱり…死んでしまっていたの」ハック「おじさんもこういう...

続きを読む

第455話 英雄伝説Ⅲストーリーダイジェスト第7章(4)

○「ゲルドに会うのだ」 監禁されていたデュルゼルに会うことができた一行。かつての宮廷剣士はジュリオたちが古式通り巡礼の旅をしてきたことを確認するとドルフェスの塔から出るぞ、といいだす。クリス「でも、下の階はきっと兵士たちでいっぱいよ」デュルゼル「この塔を設計させたのは俺だ。もっとも、レバスは知らんがな。抜け出そうとすればいつでもここから出れたのだ」デュルゼルが部屋の隅にある壁の石を押した。すると隠...

続きを読む

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

たつみんの気ままな喫茶店 - にほんブログ村

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

いらっしゃいませ