FC2ブログ

記事一覧

第173話 続・名将たちのあまり知られていない裏話

三国志武将のちょっと意外な裏話・第2回。今回はややマニアックな武将たちの裏エピソードを紹介します。正史と三国志演義での扱いの違いに注目。徐州牧:陶謙(とうけん)演義では善人。しかし史実の彼は…暴虐の限りを尽くす董卓を倒すため、連合軍の一員として戦うがのちに「部下が曹操の父を殺す」という事件が起きてしまう。復讐に来た曹操に追い込まれながらも、劉備の援軍に救われ死の直前、徐州を劉備に託す・・・それが「演...

続きを読む

第167話 赤壁の戦い、正史ではどうだった?(三国志)

今回は三国志で有名な「赤壁の戦い」が史実(正史)でどうだったか、あえて検証してみようと思います。※小説(三国志演義)のほうが濃厚な脚色が加えられているので三国志や赤壁の戦いを知らない方には、そちらを強くおすすめしたい架空の要素が多いとはいえ、小説のほうが遥かに面白いのだ。この戦いを読むために三国志ファンになった人もいるようですし…本題に入る前にじつは「赤壁」と呼ばれている場所は5か所もある。崖に巨大...

続きを読む

第165話 名将たちのあまり知られていない裏話三選

今回は三国志武将たちのやや意外な話題にスポットを当ててみました。蜀・魏・呉から私の気まぐれで一名ずつチョイス。内容は断りのない限り、正史にもとづいています蜀漢代表:法正(ほうせい)根に持つ性格を秘めた、かいしんの名軍師法正は旧主・劉璋を見限って劉備を蜀に招いた将のひとり。希有の才能を誇る名軍師だが、一種の問題児でもあった。劉備が蜀を手に入れた後、過去に自分を非難した人物や小さな恨みのある人達を次々...

続きを読む

第142話 司馬懿仲達の、ちょっといい話(後編)

今回は司馬懿仲達のエピソード、後編。孔明との戦いや晩年の逸話などに触れてみます。司馬懿が女装すると不幸になる💗(1)蜀の諸葛亮孔明が魏に攻め込んできた(北伐)時のこと。大将軍曹真と司馬懿は"孔明が攻めてくる、こない"で喧嘩した。司馬懿は「自分の読みが誤っていたら女装します」という。対する曹真は、自信たっぷりに豪語する。「お前が正しければ天子からもらった玉帯(ベルト)をやる」と。結局、孔明は何日経っても...

続きを読む

第141話 司馬懿仲達の、ちょっといい話(前編)

今回は三国志に登場する魏の軍師、司馬懿仲達の少しユニークなエピソードをまとめてみました。規格外な容貌司馬懿は360度どこでも見わたせる首を持ち腹の中は3重構造になっていたとか。三国志の英雄は大げさな表現で描かれることも多いが彼の場合はちょっと規格外な気もする。おそ松さんより凄い(?)八人兄弟司馬懿の兄弟は八人いて、それぞれが優秀だった。皆、字に「達」が含まれていたため「司馬の八達」と呼ばれる。民への思...

続きを読む

第139話 たつみんのおすすめ「三国志・司馬懿 軍師連盟」(歴史ドラマ)

最近私がよく見ている歴史ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」。これ。歴史ものが好きな人には、是非おすすめしたい作品です。現在は有料チャンネルのWOWOWでしか見る事ができないようですが興味深い作品なので、あえて記事にしてみたいと思います。ちなみに放送日は土曜日の午前11時から再放送は月曜の朝5時からだそうです三国志を知らなくても楽しめるドラマだと思いますが、「何となく」でも知っていた方が面白いかと。…記事に...

続きを読む

第84話 僕らの軍師諸葛亮達が真面目すぎてピンチだった件2

今回の記事内容は前回の続きです。よかったら読んでみて下さい。※画像は三國志12(コーエーテクモゲームス)のものを使用していますcase08 魯粛子敬演義ではお人好しかつ気弱な人物として描かれる魯粛。実際の彼はおおらかで物怖じしない性格の大物軍師でした。食糧不足に悩む周瑜が訪問してきた際、家に二つある倉のうちの一つを丸ごと提供して周囲の関心を得る。赤壁の戦いでは孔明、周瑜らと共に主戦論を展開。魯粛は君主・...

続きを読む

第82話 僕らの軍師諸葛亮達が真面目すぎてピンチだった件1

今回は久しぶりに三国志の話題を。真面目な軍師にスポットを当ててみました。※画像は三國志12(コーエーテクモゲームス)のものを使用していますcase01 諸葛亮孔明蜀漢のために尽くした名軍師と言えばこの人。劉備に「三顧の礼」で迎えられ、彼の死後は劉禅に仕えた。圧倒的な戦力差のある魏に対して何度も北伐を強行。普段の政務のほか、部下に任せきれない仕事までこなす孔明。凡庸な後主・劉禅の面倒見にも悩まされる。やが...

続きを読む

第43話 読み物「暴君トウタク、国都洛陽に君臨じゃ!!」

・・・どこかの激辛スナックのようなタイトルですみません今日は三国志最大の悪役、董卓について。彼がどんな悪事をしたのか、ここにまとめてみました。董卓(字:仲穎)は後漢末の群雄。涼州(シルクロードに近い地方)の出身。若いころは馬に乗りながら左右に弓が撃てたそうです。黄巾の乱では目だった活躍をしていなかった様子。劉備軍に助けてもらったのに彼らを軽蔑し、張飛を怒らせます。その後、都での混乱に乗じて洛陽を占...

続きを読む

第13話 「三国志の英雄、序盤ではどんなことをしていたの?」

みなさん、いつも三國志Ⅱのプレイレポートを読んでくれてありがとうございます。今回は、三国志の舞台である後漢末の情勢と、三国のリーダーたちの若き日のお話をしてみましょう。※三国志は、2世紀末~3世紀にかけての中国のお話。歴史書である「正史」と、小説の「三国志演義」などがあります。小説版は後の時代に書かれたもので、フィクションも多く含まれています。ちょっと長い記事になりますが、よかったら最後までおつきあい...

続きを読む

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

☆私の親友姫奈千歳さんのブログ
 きなちとほぉむ

カテゴリ

いらっしゃいませ