fc2ブログ

記事一覧

第565話 朱紅い雫の主要キャラ(オリジナル版)

アヴィン 本作の主人公(17歳)。孤児として妹アイメルと共にカテドラールで保護されていたが、邪宗教徒の襲撃により二人は生き別れになった。ぶっきらぼうな一面もあるが真面目で優しい性格。武器は剣で、序盤のイベントにより能力が変わる。マイルと共にⅤ(海の檻歌)にも登場している。マイル アヴィンの親友(18歳)。見晴らし小屋のすぐ南にあるウルト村の出身。金髪の美青年で熱くなりがちなアヴィンを支える兄的な存...

続きを読む

第564話 英雄伝説Ⅳ朱紅い雫ダイジェスト5

〇襲いくる2つの神 エリュシオンを振るうアヴィンたちとオクトゥム神の戦いは壮絶を極めたが最後はアヴィンの剣がオクトゥムの急所を貫き、彼はついに倒れた。だが、勝利を喜ぶ暇もなくエリュシオンが黒く輝きムカデのような姿をしたバルドゥスが姿を現す。精霊神ドゥルガーによると力の均衡が失われた影響でバルドゥスが暴走し、彼を倒すしか止める方法はないのだ、と。2柱の神と戦うという稀に見る試練を与えられたアヴィンだ...

続きを読む

第562話 英雄伝説Ⅳ朱紅い雫ダイジェスト4

〇カテドラールから封印の地へ 6つの神宝を得たアヴィンたちはオクトゥムの信徒に占拠されていたカテドラールへ向かう。迎え撃つ邪神官ボルゲイドを倒し、またエスペリウスの霊が神宝を「エリュシオン」に変えてくれた。これがオクトゥム神を倒すことのできる唯一の剣だ。さらに封印の地へ向かうとマイルとシャノンがいたがマイルは薄笑いを浮かべて立っているだけだった。死亡したはずのマイルだが、シャノンがベリアス卿に「お...

続きを読む

第557話 英雄伝説Ⅳ朱紅い雫ダイジェスト3

○バルドゥスの神宝を求めて マイルとアイメルを失ったアヴィンは数日ほどの間死人のような時間を過ごした。だが、運命は神の争いから抜けることを許さない。バルドゥスの神宝、残り4つをオクトゥムの使徒より先に集めないといけないのだ。敵であるルティスもヴァルクドで保護されていたが邪教徒の掛けた呪いに苦しんでいた。アヴィンたちに呪いを解いてもらったルティスは彼らと和解し、一緒に行動することになる。○四体の精霊 ...

続きを読む

第556話 英雄伝説Ⅳ朱紅い雫ダイジェスト2

○アイメルとの再会 港町バロアからアイメルに似た少女が船に乗ったという情報を聞いて急ぐアヴィン。その船が運悪く海賊の襲撃を受けてしまいアヴィンらは船に飛び移って海賊たちと戦う。戦いのすえ海賊は海に落ち「今に見てろよ~」と。平和に戻った船の上でアイメルと再会したアヴィン。二人は感極まって積もる話に明け暮れた。○暗転 デュシス地方へ渡ったアヴィンたちだが聖都は遠い。悩んでいると獣車を手放したいという男た...

続きを読む

第555話 英雄伝説Ⅳ朱紅い雫ダイジェスト1

オリジナル版・朱紅い雫のあらすじをまとめてみました。わかりづらい点やネタバレがあります。ご容赦を。 ○異端者の襲撃 孤児だった主人公・アヴィンとその妹アイメルは正教会の本拠、カテドラールで過ごしていた。その日常はオクトゥム神を信じる邪宗教徒によって引き裂かれるのだった。暗殺者たちを率いていたのはベリアス卿。最高導師エスペリウスの元・弟子であった。アヴィンとアイメルはバルドゥスのご神体の一部とされる...

続きを読む

プロフィール

たつみようへい

Author:たつみようへい
いらっしゃいませ!!

たつみんが、普段Twitterでつぶやかない記事を、ここに載せていきたいと思っています。

更新は不定期もいいところ、といった感じになりそうですが、よかったら読んでいってくださいね!!

アイコン画像の著作権
(C) GALATさん

補足:記事コメント欄以外の場所で情報連絡をお求めの方は、非公開コメントでメールアドレスを本文に(コメント入力欄上部のスペースでは当方に届きません)記載するか、ツイッターにて会話するか等、具体的なご要望をして頂けると幸いです。

たつみんの気ままな喫茶店 - にほんブログ村

⇩クリックしてね

ブログランキング・にほんブログ村へ


☆私の親友愛されたい猫さんのブログ
 にゃんにゃん日記

カテゴリ

CD (8)

いらっしゃいませ